ブロードウェイミュージカルで
観たい作品がありました。

その作品は
「WICKID(ウィキッド)」

この作品の中で
英語のセリフがわからなくても
胸のあたりがザワザワして
嗚咽しそうなくらい泣いた
僕が一番感動した場面があります。

それは
第一幕の一番最後。

日本語版の歌詞の一部を
紹介させてもらいます。

♪ ♫ ♬
今動き出す 胸の奥で
ルールに縛られ 生きてきたけど
自分の心に 嘘をつかずに
大空高く 飛び立つ 今

誰にも止められない
自由を取り戻すの
恐れはしない

誰が決めたの
限界なんて
変えて見せるわ この世の闇を
たとえ全てを失ったとしても
信じた道を
進むのよ

大空高く 舞い上がるの
飛んでゆくのよ どこどこまでも
そう!
これは チャンスよ 逃しはしない
進むの 自由への道を

誰にも止められない
羽ばたこう 大空へと
恐れはしないわ

邪魔などさせない
誰もが怖がる この力を

♪ ♫ ♬

ちなみに
英語版の歌詞を訳すと
ちょっと違うんだけど
その中でここが好きって部分が
こんなメッセージ

私の中で何かが変わった
前とはもう違う
もう他人が決めた規則に
縛られるのはおしまい

やってみるしかない
大きな力に挑むの
やってみる
大きな力に挑むの
もう止められやしない

みんながそう言うからって
限界を受け入れるのはもうおしまい
私に変えられないこともあるけど
でもやってみなければ分からない

なんでこのシーンで感動したのか

怖いよね。
でも
自分が大丈夫って信じたんだから
絶対大丈夫!!
チャンスがあるなら
今、動かなきゃ!!

そんな風に言われてる気がして
励まし?応援?
なんか背中を押してくれてる
そんな感じがした訳です。

そして
自分を信じてくれる人が
一人でもいれば
安心して挑んでいける。

仮に失敗したとしても
自分を信じてくれている人や
安心して戻ることのできる場所があれば
何があっても大丈夫!!

そう気付かせてくれました。

ここでの
自分を信じてくれている人や
安心して戻ることのできる場所ってのが
母親であり
父親であり
家庭である
って事だよね。きっと。

安心して戻ることのできる家庭ってやつを
笑顔あふれる家族ってやつを
一組でも多く作りたいね。