10月16日に開催した
乳幼児を育てている読書好きなママのための
読まないしつもん読書会。

今回は4名の方が参加してくれました。

image

☆娘が大好きな作家の本を読んでみたかった
☆父親から借りていているけど読めていない
☆ビジネス書ばかり読んでいるので違う感じの本が読みたかった
☆今自分のやってるビジネスで、必要だなって感じたので持ってきました

それぞれがそれそれの理由で持ってきた本。

今回の読書会は
特にテーマを決めなかったので
皆さん持ってきた本のジャンルはバラバラ。

でもね、
みんな楽しんでくれたの。

前にも書きましたが
この読書会は
読書会なのにほとんど本を読みません。

それなのに
自分が持ってきた本だけでなく
他の人が持ってきた本まで
本を全部読んだ気になれるし
もっと読みたくなる。

正直言って
言葉や文章でこれを伝えるのは難しくて
実際に体験してもらうと
ホントこの読書会の面白さがわかるの。

でね
この読書会が終わった時に話した
読書の方法が
参加者の方に好評で
「それでいいんですか!?」
って喜ばれたので
せっかくなのでシェアします。

最初に言っておきますが
この方法は
推理小説や物語をのぞきますよ。

では、始めます。

読書って、最初から最後まで本を読まなきゃって思ってませんか?
実は、僕もそう思っていました。

最初から最後まで読まなきゃって思ってるから
集中するのが続かなくて途中で飽きちゃったり
本の内容が難しくなってくると読みたくなったり
楽しく読んでたはずなのに、気づけば読むのが苦痛になっていたり

そんな状態になっていました。

でもね、読書って本を最初から最後まで読まなくてもいいんですよ。

読書をする目的って
自分が知りたい情報を本から得ること
だと僕は思うんです。

だから
例えば自分が知りたい情報が
本の最初の3行目に書かれていたとしたら
それでその本を読むのを終わらせてもいいんです。

だって
自分が知りたい情報はそこに書かれていたんだから
最後まで読まなくても最初の3行で解決しちゃったんだから。

本を読む前に
この本でこれが知りたい!!
って事を考えてから本を読む。

そして
「おぉ!!これが知りたかったことだぁ☆」
ってのが見つかったら
本を全部読み終わってなくても
その本からの学びは終わりでいいんです。

って事を話したら
参加者の方がすっごく喜んでくれたんです。

こんな読書の方法もあるので
良かったらやってみてください。

他にも
ブックスキャンというサービスもご紹介しました。

これも紹介して喜ばれたんですが
ブックスキャンに本を送ると
その本をPDF化してくれて
電子書籍として読む事ができる様にしてくれるサービスです。

家の中に本がいっぱいある。
整理したいけど
売ったり処分するのはちょっと・・・
という方にお勧めのサービスです。

これなら
部屋に本を置く場所も圧縮できるし
電子書籍リーダー
スマホ
タブレットなどにデータを入れて持ち運べば
いつでも好きな時に読むことが出来ちゃう。

選択肢の一つとして
覚えておくといいんじゃないかな。

以下にご紹介する本は
今回の参加者の方が持ってきた本です。

今のあなたにピンときたものがあれば
ぜひ読んでみてね。

ロジカルシンキング

レインツリーの国

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~

奇跡のリンゴ