受けとめる子育て提唱者
新保善也です。

今回のフィンランドツアーへの僕の参加目的は
実際にべビ−カーのまま乗れる電車を見る
フィンランドの家庭で家族のあり方について学ぶ
フィンランドの保育園で子ども達との関わり方を学ぶ
でしたので、前回までのレポートで僕が知りたかった事は学べました。

この他にも
小中一貫校と職業学校といった
教育現場も視察してきました。

そこで今回は
7年生では必修科目になっている
ホームエコノミクスについて書いてみます。

7年生(日本で言う中学1年生)では必修で
8,9年生では選択科目になるようですが
このホームエコノミクスの授業は
子ども達に人気があるようです。

日本の授業でいうと
家庭科になると思います。

ホームエコノミクスでは

料理の作り方やレシピ
image

洗濯のやり方
image

image

掃除の仕方
image

キッチンのお手入れ方法
image

クレジットカードやローンの使い方
image

そんなことを学びます。

このことをしっかり学ぶから
お母さんだけが子育てをするのではなく
お父さんも子育てに参加する事に繋がっている
そんな風に思いました。

このホームエコノミクスの教科書ですが
ヘルシンキにある書店で購入することができたので
購入して持って帰ってきました。

ついでに書店にあった子育て本のコーナーもご紹介します。

image

image

フィンランド語だらけで内容は読めませんでしたが
表紙からしてこの本はお父さん向けの本かな?

image