受けとめる子育て提唱者
愛妻しつもん家よしべーこと
新保善也です。

3月9日
依頼を受けて
小学2年生の子どもたちに「しつもん授業」をしてきました。

今回ご依頼頂いたのは
沖縄カトリック小学校校長の
幸 聖二郎先生。

image

子どもたちのために
どうしても今年度中に開催したい!!

校長先生の思いに応えたくて
依頼を引き受けました。

授業の中で
「何でも叶うとしたら、何を叶えたい?」
というしつもんをします。

子どもたちの答えの中で
今回印象的だった物の1つに
こんな答えがあります。

「死なない金魚を創りたい」

この子は
今まで5回金魚を飼っていたそうです。

でも、長くても1年で金魚が死んでしまい
その度に悲しい気持ちになったそうです。

だから、死なない金魚を創りたい

そう話してくれました。

可愛がっていた金魚が亡くなってしまった悲しみを
自分だけでなく他の人が味わうことがなくて済むように
死なない金魚を創りたい。

この答えには
そんな思いが込められていると
僕は思います。

この授業を受けた子どもたちの感想を
本人と学校側の了承を得たので
こちらで紹介させていただきます。

image

image

image

子ども達全員から
「楽しかった」
そう言ってもらえたのが
とても嬉しかったです。

校長先生からも
「今回、開催することが出来て本当に良かったです」
と嬉しいコメントを頂きました。

今回の授業を通して
僕自身も学んだことがありました。

今後はそれも活かして行きます。

しつもん授業についてのご依頼・お問い合せは
随時おこなっております。

興味のある方は
お気軽にお問い合わせください。

お問い合せはこちら