受けとめる子育て提唱者
愛妻しつもん家よしべーこと
新保善也です。

出版オーディションまで残り1週間。

オーディション前に髪を切りに行こうと思い
いつも行ってるお店へ。

そこでの出来事なんですが
僕の髪を切ってくれる担当の方から
髪を切ってる最中に、こんな相談をされました。

小学生の次男が、なかなか宿題やらないんです。
やるときはやるんですが、
つまらない時や気になることがある時は
「あとでやる」と言いながらも、全然やろうとしないんです。

こんな時は、どんなすればいいですか?

そこで、僕はこう伝えました。

「何時になったらやる?」ってお子さん自身に
やる時間を決めさせてみるといいかも知れませんよ。

例えばお子さんが「8時になったらやる」と言ったら
その時間までは子どもの好きなように過ごさせる。

8時になった時に
「8時になったけど、どうする?」と声掛けすれば、
親が8時にやりなさいと決めたわけではなく
子ども自身が8時にやると決めた事なので
自分から行動してくれると思います。

こう伝えると
「それいいですね!!早速、今日からやってみます。」
と言ってくれました。

子どもの頃、みなさんはどうでしたか?

親に言われて、素直に宿題をやっていましたか?
僕は、やってなかったです。

親に言われたからやるだと
やる気がない状態で、イヤイヤ行う事になるので
長続きしません。

でも
今回のように自分で決めてからやる方法だと
自発的な行動になるので、やる気も出て行動が続きます。

みなさんも
子どもに決めさせてみるをお試しあれ。